冬の話題

加湿器をつけっぱなしで寝るのはNG?安全面・費用面から徹底解説

投稿日:

こんにちは!乾燥にめっぽう弱い管理人のくまです。毎年、冬になると喉はガラガラ肌はカサカサ...。本当に辛い季節なんですよねぇ。

なので、今年は加湿器を買おうかと思ったのですが、1つ心配事がありまして...。もちろんお金がかかるのもそうなのですが、実は私、相当だらしないんです

電気をつけっぱなしで寝ることなんて日常茶飯事ですし、水道を出しっぱなしで出かけることもしばしば。挙げ句の果てにガスを出しっぱなしなんてことも...。

で、こんな私が加湿器を買ったら、まず間違いなく寝るときや外出時に消し忘れるなって。

そこで、万が一加湿器をつけっぱなしにしたらどうなってしまうのか、

  • 安全面
  • 費用面

の2つの観点から調べてみました!

本日は私が調べた結果をシェアしたいと思います。どうぞ最後までお付き合いくださいませ〜

スポンサーリンク

加湿器つけっぱなしにしたらどうなる!?

まず、加湿器を買うにあたり最も心配なのが、「つけっぱなしにしたら火事になるの!?」です。

加湿器には、

  • ヒーター式
  • 気化式
  • ハイブリッド式
  • 超音波式

などのタイプがありますが、この中で一般的なヒーター式は水を沸騰させて水蒸気を作る仕組み。ということは、もし水がなくなった後も加熱し続けたら、「なんか発火しそう...。」と心配になってしまいますよねぇ(汗)

ただ、これに関して調べてみたところ、たとえつけっぱなしにしても

火事になることはない

だそうです。

おー、良かった!これなら、だらしない管理人でも安心だね!

ま、まぁそうですね...。

では、どうして火事の心配がないかと言いますと、加湿器には水位を計るためのセンサーが付いて、水がなくなると自動で運転を停止するからなんだそう。

たしかに、こうした安全装置が付いていれば、発火の心配はありませんね♩

ただし!

だいたいの加湿器には安全装置が付いているのですが、例えば

  • かなり古いもの
  • 異常に安いもの
  • 外国製のもの(特に中国)

などは、安全装置が付いてないことがありますので注意が必要です。

とりあえず、日本製でわりと新しいものであれば大丈夫だと思いますが、念のためメーカーに訊いてみると安心かもしれませんね。

さて、安全面から見ると加湿器をつけっぱなしにしても、さほど問題ないことがわかりました。

ただですね、夜寝るときにつけっぱなしにする場合には、1つだけ注意しなくてはいけないポイントがあるんです。ということでお次はそれをご説明しますね〜

夜寝るときに加湿器をつけっぱなしにする場合はここに注意!!

夜寝るときの注意ポイントは、ズバリ

暖房と一緒に使う

です。

と言いますのも、気温と湿度にはこのような関係があるんです。

  • 気温が上がると湿度が下がる
  • 気温が下がると湿度が上がる

つまり、夜に暖房をつけて寝る場合には、部屋の気温が上がり湿度が下がってしまいますが、それを加湿器で補うのでOK!

ですが、暖房を切って寝る場合には、部屋の温度が下がるので反対に湿度は上がりますよね。そこに加湿器をつけっぱなしにしておくと、今度は湿度が上がりすぎてしまうんです...。

で、そうなると

  • カビ
  • 結露

などがが発生してしまうんでうよねぇ(汗)

ですので、寝るときに加湿器をつけっぱなしにするのでしたら、必ず暖房と合わせて使いようにしましょう^ ^

そうは言っても・・・

ただ、やはり電気代を心配して、夜は暖房を切って寝る方が多いかと思います。そして、暖房を切ったにしてもやはり冬場は空気が乾燥しますよね。

そんな時は、ペーパー加湿器がオススメです!

これは特殊なフィルターに水を吸い込ませ、自然の蒸発を利用して部屋を加湿するもの。電気タイプではないので、湿度が上がりすぎる心配がありません。

で、このペーパー加湿器はなんと100均に売っているんです!気になった方はこちらの記事をどうぞ^ ^

おすすめ
100均の加湿器の効果が意外と凄い!これで乾燥対策はバッチリ!

冬になると空気が乾燥してきますよね。そんな時に役立つのが加湿器!実は100均でも加湿器は売っているんですよ。本日は、商品の詳細や効果を徹底解説!

さて、夜寝るときの注意点を解説してきましので、お次は費用を見てきましょう!やはり、つけっぱなしにしたら電気代が気になりますよね(^^;

加湿器をつけっぱなしにしたときの電気代はこれくらい!

最初にもチラッと述べましたが加湿器はには

  • ヒーター式
  • 気化式
  • ハイブリッド式
  • 超音波式

4つのタイプがあります。

それぞれ、どんなものか簡単にご説明しますと、

加湿タイプ加湿方法
ヒーター式水をヒーターで加熱して沸騰させ、ファンで蒸気を送り出すして加湿。
気化式水を含んだフィルターにファンで風をあて、気化させることで加湿。
ハイブリッド式ヒーター式と気化式の融合。
超音波式超音波の振動によって水を微粒子にし、空気中に噴出して加湿。

このような感じ。

で、加湿方法が違えば当然電気代も違ってくるのですが、一般的には

ヒーター式 > 超音波式 > ハイブリッド式 > 気化式

の順番に費用がかかります!

具体的には、商品の消費電力によって変わるので一概には言えないのですが、だいたい1時間あたりこれくらいだと言われています。

  • ヒーター式・・・3.5円〜7.0円
  • 気化式・・・0.1円〜0.5円
  • 超音波式・・・0.7円〜1.1円

ハイブリッド式については、加熱時はヒーター式と同じ費用、それ以外は気化式と同じ費用になります。

こうして比べると、一口に加湿器とっても随分と費用に差があるんだね〜

その通り。ヒーター式と気化式では、最大70倍も差がありますからねぇ(汗) まあ、そのかわりヒーター式は加湿性能が優れているので、一概に「気化式が一番良い!」ということではないんですけど(^^;

最後に

いかがでしたでしょうか。加湿器をつけっぱなしにしたらどうなってしまうのか

  • 安全面
  • 費用面

から解説してきました!

最後にもう一度要点をまとめますと、

ほとんどの加湿器は、水位が減ると自動で運転が停止しするので、つけっぱなしにしても火事の心配ないらない。

ただし、

  • かなり古いもの
  • 異常に安いもの
  • 外国製のもの(特に中国)

などは、安全装置が付いていない場合があるので要注意。

また、夜寝るときに使う場合には、暖房と合わせて使わないと、湿度が上がり過ぎてカビの原因になりうるので、これも要注意。

ということでしたね!

最新のものであれば、つけっぱなしにしてもそこまで問題もなさそうですし、気化式のものであれば費用も抑えられそうです!

ただ、個人的には途中で紹介した100均のペーパー加湿器に、かなり魅力を感じているんですよね(^^; 費用は108円で済むし、過度に加湿することもないし、スペースもとらいないし...。

ということで、電気タイプの加湿器でも良いかなと思っていましたが、今のところ100均の加湿器を買うのが濃厚です笑

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました!少しでもお役に立ちましたら幸いです。

あわせて読みたい記事



-冬の話題

Copyright© くまのお役立ちサイト。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.