夏の話題

お盆休み2018の期間を徹底解説!旅行の計画をどうぞお早めに!!

投稿日:2017年11月12日 更新日:

社会人になって働き始めると、なかなか連休ってないですよねぇ。そんな中

  • 年末年始
  • GW
  • お盆休み

は貴重な大型連休!ほんの束の間、仕事のことを忘れられる瞬間でもありますよね(そのあとが憂鬱ですが...)

で、今年ももうすぐ社会人の夏休みとも言える『お盆休み』がやってきますよ〜

きっと、家族や友人とお出かけされる方も多いのではないでしょうか。ということで、2018年のお盆休みの日程をサクッと確認して、早めに計画を立てましょう〜

2018年のお盆休みの期間は?

まず、お盆休みとは一般的に、

8月13日から16日までの4日間

です。

で、これに土日が繋がることで大型連休が発生するわけなんですねぇ。

さらに!!

なんと、2016年から8月11日が「山の日」として国民の祝日に制定されたので、より一層、大型連休が発生しやすくなっている今日この頃です。

今年で3回目を迎える「山の日」。これが、一体お盆休みにどう影響するのか...

さっそく 2018年8月のカレンダーで確認してみるとしましょう!

ドンッ!

8月11日(土)山の日
8月12日(日)休日
8月13日(月)お盆休み
8月14日(火)お盆休み
8月15日(水)お盆休み
8月16日(木)お盆休み

な、なんと山の日が土曜日と被ってしまいました...。

もし、国民の祝日が日曜日と被ったら、月曜日が振り替え休日になるのですが、今年の場合は...

山の日が仕事してません。

ということで、今年のお盆休みは8月11日〜8月16日までの6連休になりそうですねぇ。

ところで山の日って?

お盆休みを超大型連休にしてくれる爆発力を秘めた『山の日』ですが(今年は不発...)、一体どんな日なのでしょう。

実は、山の日とは

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」

という意味を持った日です。で、その背景には皆さんご存知の『海の日』の存在があるんですよね。

実は海の日が制定された時に、

「海の日があるのに、山の日がないのはおかしくない?」

ということで、山の日を作る動きがあったんですよねぇ。

で、その候補となった日が...

  • 6月上旬
  • 海の日の翌日
  • お盆前

の3つの期間の中のどれか。

当初、お盆と連続させやすいという理由で、「8月12日」に決まっていたのですが、この日は日本国空123便が御巣鷹山に墜落して多くの犠牲者が出た日でもあるんです。

で、「そんな日を祝日にするのはふさわしくない」ということで、前日の8月11日が山の日となったわけなんですねぇ。

ということで、今年の山の日は、きちんと山に親しみ、そして山に感謝しましょう。

企業や業種によっては9連休も

さて、先ほどご説明した通り、一般的には今年のお盆休みは6連休の可能性が高いですが、企業や業種によってはもっと長かったり短かったりします。

例えば以下の3つの業種はそれが顕著です。

  • 製造業や福利厚生のしっかりした企業
  • 役所・銀行・郵便局
  • サービス業・販売業

順番に見ていくとしましょう。

製造業や福利厚生のしっかりした企業

 

先ほどのカレンダーを見ていただけると分かるように、もし17日(金)が休みだったら土日が続いて9連休になりますよね。

福利厚生のしっかりしている企業は、

「金曜日だけ会社に来るのもあれだよね」

という感じで、17日を休日にする場合もあります。(う、うらめし...いや、羨ましい。)

また工場は、機械を稼働させたり止めたりするよりは、ずっと止めておいた方が良い場合もあり、そういう工場では9連休にしてしまうこともあるようです。

なので、このようになります。

8月11日(土)山の日
8月12日(日)休日
8月13日(月)お盆休み
8月14日(火)お盆休み
8月15日(水)お盆休み
8月16日(木)お盆休み
8月17日(金)平日だけど休みに
8月18日(土)休日
8月19日(日)休日

 

役所・銀行・郵便局

役所や銀行などは、基本的にカレンダー通りなのでお盆休みはありません。

つまり、8月11日(土)〜8月12日(日)の2連休ということになります。

まあ、これだと普通の土日休みですよね。。

ただ、公務員には「夏季休暇」がというものが3日〜5日ほどもらえるので、他の職員の上手く日にちが被らないようにして、お休みを取得しています。

また、この夏季休暇は有給休暇とは別のものなので、土日、夏季休暇、有給休暇を上手く繋げて大型連休にすることも可能なようです。

サービス業・販売業

遊園地や水族館などのテーマパーク、またはレストランやデパートで働いている方は、お盆休みの時期は書き入れ時になりますので、基本的にはお休みはありません。

こういう方たちまでお休みしてしまったら、娯楽が一切なくなってしましますからね。

サービス業、販売業の方、本当にありがとうございます。

2019年のお盆休みは?

さすがに気が早いですが、2019年のお盆休みを確認してみましょう。

というのも、2019年はかなり当たりの年なんですよね。

とりあえずカレンダーを見てください。

8月10日(土)休日
8月11日(日)山の日
8月12日(月)振替休日
8月13日(火)お盆休み
8月14日(水)お盆休み
8月15日(木)お盆休み
8月16日(金)お盆休み
8月17日(土)休日
8月18日(日)休日

山の日が見事に機能しているおかげで、な、なんと、

確定9連休。

これに有給休暇を使えば、10連休にすることだって出来てしまいますよ...。

なんと言いますか...今から来年のお盆休みが待ち遠しいですねぇ(汗)

最後に

いかがでしたでしょうか。2018年のお盆休みの期間について解説してきました!

今年のお盆休みは、ちょっとパッとしないですが(それでも6連休ですが...)、精一杯仕事のことを忘れて過ごしたいと思っております。

皆さんも、どうぞ有意義なお盆休みを過ごされてくださいね〜。

あわせて読みたい記事



-夏の話題

Copyright© くまのお役立ちサイト。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.