蚊は服の上からでも刺す?防ぐためのポイントと合わせて徹底解説!

投稿日:2018年5月15日 更新日:

毎年夏になると、どこからともなく蚊が湧いてきますよねぇ。

で、実は蚊に対して1つ疑問に思うことがあったんです。それは...

蚊って服の上からでも刺すの?

です。

と言いますのも、つい先日家の近くを散歩していましたら、脇腹の辺りに痒みを感じたんです。で、服をめくって確認してみると蚊に刺されたようなプクッとした赤い腫れが...

で、それを見た私は「何コレ?ちゃんと服着てたから蚊に刺されるはずないし。もしかして何か厄介な虫に刺された...?」と思ってしまったんです。

ただ、できれば蚊であってほしい...そう思いながら家に帰って蚊が服の上からでも刺すのか調べてみました。

というわけで、本日は私が調べた結果をシェアしたいと思います。どうぞ最後までお付き合いくださいませ〜

スポンサーリンク

蚊は服の上からでも指すの?

えー、まず結論を申しますと、蚊が服の上からでも刺すかどうかですが...

普通に刺します。

これを知った瞬間、ホッとしましたねぇ。「あっ、アレはただの蚊だったのか」と。

ですので、もし私のように服をめくったらまるで蚊に刺されたような腫れがあり、「この腫れは一体何なの!?」と不安になった方。安心してください。

多分それ、蚊です。

ただ、これを聞くと「えっ?蚊の針って衣類を貫くほど硬いの!?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

ですが、実際には物凄く硬いのではなく、物凄く細いのです。

蚊の針の太さはどのくらい?
もちろん種類によって異なりますが、一般的に人間を指す『ヒトスジシマカ』の針は、なんと直径0.02mm。

髪の毛が太さが直径約0.1mmだと言われているので、いかに蚊の針が細いか分かるかと思います...。

で、衣服というのは繊維を縫い合わせたものなので、当然隙間ができてしまうんですよね。そして、蚊の驚異的に細い針をもってすれば、その隙間を簡単に抜けることができてしまうという...(汗)

さて、蚊が服の上からでも刺すと知りホッとしましたが、実際には中々の緊急事態ですよねぇ...。だって、これまでは服を着てれば、少なくともその部分は刺されないと思っていたのですから(汗)

ということで、何か対策がないか探していきたいと思います。

対策はどうしよう...?

まず、手っ取り早いのは虫除けスプレーを服にもかけることです。

おそらく、多くの方が地肌が見えている部分にしかスプレーをしないのではないでしょうか。(私はずっとそうでした)

ですが、蚊が服の上からでも刺すというのであれば、服にもスプレーをかけておけばOKですね。

あっ、ただ...「服にスプレーをかけるのは臭いが付きそうで嫌だ」という方もいらっしゃいますよね。そこで、蚊に刺されにくい服を着ることを考えてみたいと思います。

綿・麻よりは化学繊維のもの!

まず、1つ目のポイントは服の素材です。

先ほど、服は繊維を編んだものなので、どうしても隙間ができると言いましたよね。ただ、この隙間の大きさは素材によって変わるんです。

で、一般的には

  • 綿、麻・・・隙間が大きい
  • 化学繊維・・隙間が小さい

という作りになっています。なので、できるだけ化学繊維のものを選んでおくと、服の上からの攻撃を避けられる可能性が高いですよ。

ただし...
化学繊維の服であれば、絶対に安全というわけでありません

どんなに繊維の隙間が小さくでも、おそらく蚊の針の方が細いですからねぇ(汗)

服の肌の間に空間を!

素材の他に意識したいのは、服と肌の間の空間です。

実は蚊の針の長さは、約2mmだと言われています。なので、体にピタッとくっ付いているような服だと、服を隙間から簡単に血を吸われてしまうんですよねぇ。

なので、少しダボっとしたゆとりのある服がオススメ。これなら例え服を通り抜けても針が肌まで届かないことになりますからね。

そうは言っても、暑い夏だとどうしても薄手のTシャツ1枚で過ごすことが多いかと思います。そんなは多少暑くても、上から何か羽織っておくだけ全然違うと思いますよ。

服の色にも注意!

次に意識したいのは服の色です。

一般的に蚊は血を吸うときに

  • 汗の匂い
  • 温度
  • 二酸化炭素

などを頼りにターゲットを決めると言われているますが、実はその他に『色』も重要なポイントなんですよね。

では何色が良いかと言いますと、

ズバリ『白』です。

というのも、蚊って黒い色に寄ってくる習性があるんですよねぇ。なので、できるだけ白に近い薄い色の服を着るのがオススメです。

蚊が好む色についてはこちらの記事でより詳しく解説していますので、興味のある方はご覧になって下さい。

蚊は何色に寄ってくる?嫌いなカラーを知って徹底的に対策しよう!

速乾・消臭効果があると良し!

上にも書いた通り、蚊は汗の匂いが大好きです(汗)特に夏場はちょっと動くだけで汗をかきますから、実は自然と蚊を引き寄せていたんですよねぇ。

そこで、

  • 速乾
  • 消臭

などの効果のある服を着ていると、いくらか蚊除けになるかと思います。

今は、そうした機能を持ったインナーが多数販売されいてるので、その上に薄手のシャツを羽織ると非常に効果的かと思いますよ!

さて、ここまで内容をまとめてみると、蚊が服の上から刺すのを防ぐには

  • 化学繊維で
  • 少しゆとりがあり
  • 色は白に近く
  • 速乾・消臭効果があるもの

ということですね。

ただ...『そこまでいちいち気にしてられない!」という方には、もっと手っ取り早い方法があります。

防虫加工された服で一発解決!

蚊に刺されにくい服ということで、いくつかポイントを挙げてきましたが、実は初めから虫除け機能を持った服があるんです。

例えばこちらのシャツ。

これは生地自体に『インセクトシールド』と呼ばれる特殊な加工が施されていて、着ているだけで虫除けになるそうです。いやぁ、本当に便利なものがあるんですねぇ。

ちなみに、何度も洗濯してしまうと徐々に効果が落ちてしまうので、何枚か用意しておくのも良いかもしれません。

虫除け機能がついてるというから、どんなデザインかと思いましたが、これなら全然街中でも使えますよね。

この他にも、パーカーや長袖シャツなどもあるそうなので、興味のある方は色々調べてみてはどうでしょうか。あれこれ対策を考えるよりよっぽど楽だと思いますよ。

究極の虫除け服がこちら...

街中できるのは少々はばかられますが、虫除け服の最終進化系がこちら...。

その名も『ネッツメン』。

キャッチコピーは、着る蚊帳...。

さすがにネタ商品かと思いましたが、ネットでの評価は結構高くなかなか売れてるらしいんですよねぇ(汗)

ちなみに、カラーは以下の3色...。

  • 天女の羽衣(てんにょのはごろも)= ピンク
  • 蒼天夏時雨(そうてんなつしぐれ)= 青
  • 白虎の仮宿(びゃっこのかりやど)= 白

まあ、確かに庭掃除のときなんか重宝しそうですが、間違ってもこれを着て花火大会なんかはいけませんねぇ...。

最後に

いかがでしたでしょうか。蚊が服の上からでも刺すのかについて解説してきました。

やはり蚊というのは、厄介極まりない生き物ですねぇ。

ただ、夏と蚊は切ってきも切り離せないものだと思いますので、なんとか対策をとって出来るだけ痒い思いをせずに夏を過ごしたいと思います。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。少しでもお役に立ちましたら幸いです。

あわせて読みたい記事



-

Copyright© くまのお役立ちサイト。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.