100均

ダイソーのストローを全部紹介!太いのから細いのまで見ていこう!

投稿日:2018年10月12日 更新日:

日本では季節ごとにいろんな楽しみがありますよね。例えば、春はお花見、夏はBBQ、秋は紅葉狩りなどなど。で、そんな時はだいたい外で飲み食いをするので、紙コップや割り箸、場合によってはストローを使うことが多いかと思います。

まぁ、ストローはなくてもそこまで困るものではないですが、

  • 口紅をしてる女性
  • 小さなお子さん

などはストローがあった方が助かりますし、また氷が大量に入ったジュースなんかは直接だと飲みにくいですよね。

そなわけで、これから訪れる行楽シーズンに備えて、我が家もストローの用意をしておくべく、近所のダイソーへ足を運んでみました。

ということで、本日は私がダイソーで見つけたストローを全て紹介したいと思います!

一般的なストローはもちろん

  • 太いもの
  • 細いもの
  • 袋付きもの

などなど、いろんな種類が置いてありましたよ^^

スポンサーリンク

ダイソーで売ってるストローを全部紹介するよ!

さて、さっそく見つけた商品を紹介していくわけですが、数が多いので

  • シンプルなストロー
  • 袋付きのストロー
  • 太い・細いストロー

などに分けて見ていきたいと思います^^

まずはシンプルなストローから!

シンプルなストローはこちら!

まずは、標準的なサイズで場所を選ばずどこでも使えそうなストローから!ダイソーにはこちらの6種類が売られてしましたよ。

サイズ(長さ × 直径)本数一本あたりの価格
21cm × 6mm200本約0.5円

※全て先端が曲がるタイプです

サイズは 21cm × 6mm で、おそらくこれが標準サイズかと思います。本数はどれも200本入りで、一本あたり約0.5円という驚きの安さ。

試しにネット通販を覗いてみたところ、安くても500本入りで600円とかでしたので、ダイソーのコスパが本当に素晴らしいことがわかりますね(^^;

6つの違いは色だけですので、あとは好みのものを選べば良いかと思いますよ!無難な透明も良いですし、カラフルなものもパーティなんかに合いそうです。

個人的には左下の緑色のが落ちつていて好みです^^

次は袋に入っているタイプだね!

袋入りタイプはこちら!

喫茶店やファミレスなんか出される袋入りのタイプも、ちゃんと売られていましたよ。こちらの4種類になります!

商品サイズ(長さ × 直径)本数一本あたり価格
121cm × 6mm180本0.6円
221cm × 6mm180本0.6円
318cm × 5mm180本0.6円
421cm × 6mm120本0.9円

※3番以外は曲がるタイプ

袋入りのものは商品によって微妙に違いがありますね。

まず、3番だけが他より少しだけ細くて短く、そしてストレートタイプ。一方、4番だけが120本と少なめですが、唯一透明な袋に入っています。

まぁ、このへんは好みや用途、そして場の雰囲気によっても変わると思いますので、皆さんの状況に合ったもの選ぶのが良いかと思います^^

ただ、袋に入っているので先ほどのものと比べると、本数が少なくなってしまいますがそれは仕方ありませんね。

ちなみに、昔から袋入りストローを使う時には、必ずこうして水をかけて遊んでいました(笑)

まぁ、どうでも良いですね(^^;

そんなことより、次はいろんなサイズのストローを見ていくよ!

太いのや細いのも売ってるよ!

これまでの2つに比べると使う機会は少ないかと思いますが、ダイソーにはかなりの太めのストローも売っています。それがこちらの2種類!

商品サイズ(長さ × 直径)本数一本あたりの価格
121cm × 8mm80本1.35円
221cm × 12mm30本
3.6円

長さはどちらも標準的な 21cm なのですが、太さがそれぞれ 8mm・12mm となっております。写真ではイマイチ伝わりづらいかと思いますが、12mm の方は相当太いです。

で、パッケージにも書かれている通り、

  • スムージー
  • 果肉入りジュース
  • タピオカジュース

などに適していると言えそう。

そう考えると普段使いと言うよりは、文化祭の出店やお祭りの屋台など、自分が売る側の場合に使えそうです。まぁ、これで普通のジュースを飲んでもダメではないんですけどね(笑)

ただ、表に書いてある通り一本あたりの価格も高めですので、使いどころは限られそうです。

ちなみに、タピオカ専用のストローであれば、Amazonにステンレス製のものが売られていました!

これなら洗ってずっと使えるので、長期的に見たらコスパが良さそうですね。(何より見た目がかっこいい)

次に、太さは普通なのですが、長さが標準よりも長めのストローも売られていました!

サイズ(長さ × 直径)本数一本あたりの価格
25cm × 6mm60本1.8円

どうやら500mlのペットボトルに対応しているようです。一瞬、ペットボトルならストローはいらないのでは?と思いましが、小さなお子さんと一緒に飲むときなんかには重宝しそうですね^^

最後はこちらの、細くて短いタイプ。

商品サイズ(長さ × 直径)本数一本あたりの価格
113cm × 4mm180本
0.6円
213cm × 4mm100本1.08円

パッケージにも書かれている通り、これはヤクルト専用と考えて良いかもしれませんね!

2つの違いは、1はストレートタイプで180本入り、2は曲がるタイプで100本入りというところ。個人的にはヤクルトを飲むに曲がるタイプである必要はない気がするので、本数の多い1が買いですかね。

こんなストローも売っているよ!

サイズに特徴があるわけではないのですが、一風変わったこんなストローも売られていました。


商品サイズ本数一本あたりの価格
121cm × 6mm100本1.08円
221cm × 6mm80本1.35円

皆さんご存知、かき氷用ストローですね!

これも使う場面は相当限られそうですが、こ自宅で

  • かき氷
  • フロート

などを作った時に、便利なんじゃないでしょうか^^

そして最後はこちらの商品!

これはペットボトル飲料をストローで飲むための専用キャップになります。先ほどの500ml用の長いストローでも良いのですが、こちらは横から漏れる心配がないので、より小さなお子さんにオススメできると思いますよ。

種類は乗り物やキャラクターなどのデザインが3,4種類あったので、きっとお子さんの気に入るものが見つかるんじゃないでしょうか^^

最後に

いかがでしたでしょうか。ダイソーで売られているストローをご紹介してきました!

豊富な種類にもびっくりですが、それ以上にダイソーのコスパは凄いですね。これまでは100均というと、なんとなく微妙なイメージがありましたが、ここ数年はむしろ「100均 = 安くて良い」みたいなイメージがありますから(^^;

というわけで、いろんな種類があって若干目移りしてしまいましたが、私は一番はシンプルな200本入りのものを買って帰りました。皆さんもお目当のストローが見つかれば幸いです!

他の行楽用品の記事もどうぞ!

おすすめ
ダイソーの紙コップを大特集!個数からサイズまで全部紹介するよ!

ダイソーにはたくさんの紙コップが売られています。それもシンプルなものからお洒落ものまで。また断熱性の蓋付きタイプやホルダー付きも。本日はそんなダイソーの紙コップをサイズから個数まで全て紹介したいと思います!

おすすめ
ダイソーの割り箸!本数と種類から使い心地まで解説するよ!

ダイソーには色々な種類の割り箸が売っています。紙のケースに入ったものから、透明な袋に入った爪楊枝入りのものまで様々。また70本という大量のものから、3本しか入っていない高級なものまであります。本日はダイソーの割り箸を本数からデザインまで解説します!

おすすめ
ダイソーの紙皿を大特集!枚数からデザインまで全部紹介するよ!

ダイソーにはたくさんの紙皿が売られています。深めのものや大皿のもの、そして仕切りが付いたものやかわいいデザインまで。本日はダイソーの紙皿の枚数からサイズまで徹底的に解説します!

というわけで、最後まで読んでいただきありがとうございました^^

※この他にも100均で見つけたものを記事にしているので、気になる商品がないか是非チェックしてみて下さい^^

→100均の記事一覧

あわせて読みたい記事



-100均

Copyright© くまのお役立ちサイト。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.